小児歯科

お子さま歯医者嫌いをなくす為の取り組み

梅林歯科医院では、待合室ではなく、診療室内にキッズルームを完備しております。
大人でも待合室から診療室に入る時はドキドキ緊張します。それはお子さまも同じ気持ちです。

なぜ診療室内にキッズルーム?

治療の順番を遊びながらキッズルームで待っている時に、自然と歯科診療室特有の音や臭いを体感する事で、治療に対する恐怖心を軽減する効果があり、治療がスムーズに行えます。

お子さまの虫歯について

同じ物を食べていて、同じ環境下で育っていたとしても、だ液の質や、お子さまの体質によって虫歯になるリスクは変わります。お子さまが虫歯になるリスクがどのようなものなのかを正しく知ること、またそれを当院で発見することが大切だと考えています。
当院では、そのリスクをひとつずつ失くしていくことによって、結果的に虫歯にさせない治療を行っております。
虫歯を放置してしまえば、神経を取ったり、最悪の場合には歯を抜かなければいけなかったりする場合も起こりえます。さらには集中力が途切れてしまったり、お子さまの正しい歯の成長を阻害したりするリスクもあります。「乳歯は抜けるから」と言って、放置しないことが一番大切です。

お子さまに対する治療方針

大人でも歯医者は嫌なもの。子どもであればなおさらです。そのため、4歳くらいになれば、お子さまであってもきちんと治療の説明をして、不安感を取ってあげることを大切にしています。押さえつけるなどといった強制的な治療はせず、年齢に応じた治療を行っています。
定期的に通っていれば、初期の治療で済み、初期であれば、お子さまが不快な治療をしなくて済みますので負担も軽く、嫌がらずに通院することにもつながると考えています。

年齢に合わせた治療・予防対策

乳歯が生えてくる0才から永久歯が生えそろう12才前後まで、年齢に合わせた治療・予防対策を行っております。
定期健診でフッ素塗布やブラッシングのチェックなど、適切な指導や治療を行います。
男性が苦手なお子さまには女性歯科医師も治療にあたっておりますので、男性が苦手なお子さまはお申し出ください。

※6歳になると、乳歯から永久歯に生え変わる時期にあたり、「混合歯列」といって乳歯と永久歯とが入り混じった状態になります。その間は歯並びや生え変わりなどを注意して見ておいたほうが良いでしょう。
※12歳までの間は「混合歯列」となり、また将来の歯並びが決まる時期でもあります。歯並びで、放っておいてはいけないな、と思うものをなるべく早期に見つけ、対処するのが大切です。

まずはお気軽にご相談ください

歯にお悩みの方はお電話にてご予約お待ちしております

診療時間 9:30~12:30/15:00~19:30 休診 木曜・日曜・祝日 0561-89-7780 bottom_btn_sp.png